BIOGRAPHY

LABRET

京都を中心に活動する3ピースメロディックパンクバンド LABRET。


前身バンドを経て2005年7月に結成。


2011年2月、ドラムのyskが脱退するも

間もなく現ドラムの『ike(イケ)』が加入、停まる事無く活動を続ける。


フロント2人が兄弟であり、リードボーカル(Vo,Ba)の兄『10-9(トク)』は決して愛くるしいとは言えないものの、メロコアキッズのツボを突くであろう絶妙な声色を持っており、ライブ中の前後左右2メートル以内の動きには要注目。


ほとんどの曲を書き下ろす無類の妄想家である弟(Vo,Gu)『R(アール)』は

上から下まで重ねるコーラスが持ち味であり、ひたむきに繰り出すギタープ レイも必見。


加入して間もない(Dr,Cho)『ike(イケ)』は、見た目の雰囲気からは想像し難いパワフルな、そしてタイトなリズムを刻む。


イントロから胸をつかまれるようなメロディーは言うまでもなく、自然と耳に馴染むような【懐かしさ】と、彼らにしか成しえない特質的な【新しさ】はメロディックパンクという枠だけに収まりきるものではない。


ライブに対しての環境も関西圏だけでなく積極的に東海、関東圏に進出し、

"PUNKAFOOLIC! BAYSIDE CRASH"、"京都大作戦"など野外フェスにも出演を果たしている。


2011年9月、新メンバーとなって初の単独音源 「NOSTALGIA」を発売。

2012年7月、自主レーベル【INDUSTREAL】を立ち上げ、

同時に発表した3曲入りの0円SINGLE「EVERLAST E.P」初回プレス分5000枚を配布。

再プレスをしてのTOTAL配布枚数は7500枚を数えた。


2013年3月、70本に及ぶEVERLAST TOURに幕を下ろす。


2013年5月15日、LABRET 2nd Full-length ALBUM【DETERMINATION】を発売。


2014年7月、初のカヴァーアルバム【palette】を発売。


CAFFEINE BOMB 10周年のコンピレーションアルバム

【PUNKS NOT DEAD 2】に参加。


2014年10月、STEP UP RECORDSのオムニバス

【...OUT OF THIS WORLD 5】に参加。


2015年6月、2nd mini ALBUM【CLAMP】発売。


2015年8月、京都MUSEにて361°フロアワンマン。


2016年3月、ドラムのikeが脱退。

以降さまざまなドラマーにサポートしてもらいつつ活動を継続。


2018年3月、3rd mini ALBUM 【same note】発売。


そして2020年1月、3年9ヶ月ぶりに正式ドラマーとして NAOKI が加入。



胸の奥底から滲み出るような、小さな不安をそっと包んでくれるような、


今のあなたの目に映る瞬間の景色を、是非体感して頂きたい。

 


LABRET are..

Vo,Ba TOKU / Gu,Vo R / Dr,Cho NAOKI